孤独の愉悦

独りを愉しむ

人生の糧が色欲と無縁になる前に

40にも50にもなってモテを気にしてたり性欲から解放されることなく思考がチ○コに支配されてるオッサンを見るとホントキッツいというか、人生諦めが肝心って思うんだけど、もちろん20代30代は別でちゃんと積極的に行動起こしたほうがいいですよ。
女の子は美人なら黙ってても向こうからゾンビのように男が群がってくるんだろうけど、男の場合何もしなくても美女がキッスをせがんでくるとか、気がついたらいつの間にか自分のチ○コに美女がハマってるなんてことは宝くじで大金当たるより有り得ないですからね。
それなりに自分をアピールして行動する必要があるわけですよ。
ここでオタクとか非モテは一途ならいいだろみたいな感じで待ち伏せみたいなストーカー行為に走りがちなんですが、最低限、知り合いから徐々にステップアップしていくといった段階を踏むか、最初から目的がハッキリしている出会いの場に参加したほうがいいです。
面識ないのにいきなり告白して許されるのは中学生までなので。
あと非モテオタクほど相手の見た目にうるさかったりするんですが顔面偏差値20くらいで70を狙おうとするのも無駄というか、仮に成就したら宇宙の法則が乱れて地球が爆発するのでやめてください。
大抵の場合は少し仲良くなったところでLINEを交換してやり取りする流れになるものの、当たり障りない感じだとまるで発展する気配がないんですよねこれが。
で、ちょっと笑えるような面白ネタを送ってみたりするんですが、これもまた相手によって反応が千差万別なんですよ。
大ウケして自分に興味を持ってくれる人もいれば、同じ内容でも
「は?頭大丈夫ですか?もっと外に出ていろんな人と会話したほうがいいですよ」
みたいに心臓をえぐるようなアドバイスまで様々です。
ナイーブタイプだとポッキリ心を折られがちなんですが、気にしてもしょーがないので
「あー、深く関わることにならなくてよかったー!」
とプラスに考えてそっとブロックしとけばいいんです。
間違っても言い返したり捨て台詞を残して溜飲を下げようとするのはヤメときましょう。
器の小さい痛LINE男としてスクショで晒されて不特定多数の嘲笑の的になるだけですし。
行動してアピールして地道に関係性を育みつつ、意を決して低確率の壁を乗り越えた先でやっと交際に発展していい思いができるので、それが面倒な人はお金払ってそういう店に行くか一生純粋にアイドル推すか二次元の住人になるかのどれかですね。
40過ぎて老眼始まって白髪まみれになってまで恋愛しようなんてバイタリティがあるほうがおかしいので若いうちに頑張っていい思いしてしぬ間際に未練が残らないように楽しんでくださいよー

人生唯一無二の親友の名は「孤独」

f:id:osushinocosmo:20191026204733j:plain

またちょっと尖った感じでナルシスト感が滲み出る微妙に気持ち悪いブログ名にしました。

自分は多分、他の人より「寂しい」って感覚がないと思うんですよね。

幼少時から自閉症気味で自分の世界に閉じこもるのが大好きだったんですよ。

むしろ人と一緒にいるとMPがガンガン減ってく感じがしてめちゃくちゃ消耗するんですよね。

すごく気を使うし、自分のコミュニケーション能力が低すぎるせいで相手を楽しませられていない気がしていつも申し訳ない気持ちで一杯になる。

一人になったとたん全身の力が抜けてホッとする。

 

皆とワイワイ盛り上がって楽しめないなんてつまんねー人生だな、オレならそんなん耐えられねーよって方も沢山いると思いますし、むしろそっち側の人達の方が圧倒的多数なのは揺ぎ無い事実だと思います。

 

でもまあ一人でいるのも結構メリットあるんですよ。

人付き合いがないから交際費が全くかからないし、時間もプライベート全部自由に使えるから勉強だろうが趣味だろうがやりたい放題です。

昔と違って今は一人でも楽しむ方法もいくらでもありますし。

 

お金がないボッチは図書館行けば腐るほど本があるし、無課金でソシャゲでもやればいい。

ちょっとお金出せば電子書籍も映画も観放題だから暇潰しには困らないし、アクティブボッチは山行ってソロキャンプでもすればいい。

でもSNSはあんまりやらないほうがいいですね。

あんなもんは仲間に囲まれて楽しくやってますアピールしたいリア充が承認欲求満たしたいだけのウンコツールですからね。

パーティー、加工自撮り、赤ちゃん、スイーツのオンパレードで劣等感が増幅して精神の健全性が損なわれるだけです。

せいぜいTwitterでアホなことを適当に呟く程度にしておきましょう。

 

孤独が嫌いで、年がら年中友達と遊んでるような人もたまには一人になって自分の内面とじっくり対話してみるのも悪くないですよ。

 

【映画】「ジョーカー」「蜜蜂と遠雷」

f:id:osushinocosmo:20191019222307j:plain

最近余裕があったので映画を2本ほど観てきました。

「ジョーカー」

Twitterで話題になってて気になったので観てはみたものの…

う~ん、

中年の悲哀と生きにくさがこれでもか!というくらい凝縮されてて最初から最後まで重かったです。

観た人の中には

「ジョーカーのおっさんより”おしん”の方が何倍も辛い思いをしている!中年が甘ったれるな!」

という手厳しい相対化厨もいましたが、さすがにおしんと比較するのはやめてあげてほしい…。

 

どうも最近、観終わった後にモヤモヤする映画が苦手になってきた感あるんですよね。

いろいろ思うところというか考えさせられる部分はあるんですよ。

精神に疾患のあるオジサンでも気持ちよく働ける場所があることは理想ですが、この国でも自己責任ムーブメントは既に蔓延してますからね。

長く働いても手取り14万でこの国は終わってると声を上げれば

「終わってるのはこの国じゃなくてお前なwww」

と某エモンにTwitterで晒上げてバカにされ、そんなツイートに賛同リプがわんさかぶら下がるような悲しい時代です。

社会構造的な問題を自己責任論にすり替えてまでコケにされようが、氷河期オジサンは低賃金で強く逞しく生きていくしかないんです。

政治に期待しても無駄です。

頑張りましょう。

 

蜜蜂と遠雷

4人の才能あるピアニストの苦悩がメインのストーリーなのですが、こちらは対照的に観終わった後、清々しい気持ちになるので幅広い層にオススメですね。

特に松岡茉優さんがコンクールで弾いてるシーンの背中から醸し出される圧巻の気迫が途轍もなく凄まじく、心地よい高揚感と共に目頭が熱くなりました。

これだけでも観に行ってよかった。

一言で才能があると言っても、その才能を大きく輝かせるには長い年月に及ぶ弛まぬ努力と溢れ出んばかりの情熱が必要であることを強く教えてくれる映画でした。

あと森崎ウィンさんを見るとどうしても「オレはガンダムでいく!」を思い出してしまいますね。

 

光回線からモバイルWi-Fiにかえてみました

f:id:osushinocosmo:20191019130017j:plain

3ヶ月前くらいまで自宅で光回線を使用していたのですが、しがない小市民からすると月々の料金がまあまあ高かったんですよね。

プロバイダ料金と光電話込みで月6,323円

続きを読む

40代のオジサンが未経験で転職したけど意外となんとかなってます

お久しぶりですこんばんわ御ス氏です。

40代で完全異業種に転職してから1年2ヶ月が経ちました。

今の仕事は全く不満がない訳ではないのですが、なんとか続けていけそうな感じです。

給料は正社員であるにも関わらず、中卒初任給かな?と思うくらいすこぶる安いので資格手当で水増しするために片っ端から取得している最中です。

 

取得済み:ボイラー2級、2種電気工事士、危険物乙4、消防設備士乙6

来月受験:3種冷凍機械

 

いわゆる客先常駐の設備管理員で日常的にはそれほど忙しいわけではないのですが、一度トラブルが起こると知識と経験の無さからてんやわんやでテンパリまくりですね。

築25年以上の建築物はあちこちガタがきていて、いつどんな故障、トラブルが起こってもおかしくない状況です。

 

あと、利用するお客さんや客先の職員さんなど、とにかくいろんな人と接するので良くも悪くも勉強になりますね。

お客さんでワガママな無理難題や訳のわからないクレームを連発して要注意人物化するのはだいたいお爺さんかオッサンです。

他の層はほとんど問題になることなく普通に利用してるんですよね。

なぜ問題児化する大人のほとんどが中年以降の男性なのか。謎です。

 

対照的に、客先の職員さんでブッダの生まれ変わりかと思うくらい物腰が柔らかくて対応が丁寧で腰が低くて優しすぎるオジサンがいるんですが、自分もこんな人間になりてーなぁと思いながら尊敬の眼差しを向けつつ、勝手にロールモデルにさせてもらってます。

 

今までに経験したスピリチュアルクラッシャー業務に比べるとストレス的には全然大したことはないのでいわゆる当たり現場なのかもしれません。(今後配置換えや責任者にされたりもありそうなので油断はできませんが)

コツコツ勉強して無理しない程度に頑張ろうと思います。

 

無職になってから読んだスリルショックサスペンス味あふれる漫画をまとめてご紹介します

無職になってから早3週間。

未だに次の職が決まりません。

人生そう上手くはいかないようです。

普通に働いていたころは漫画を読む精神的余裕すらなかったのですが、最近は選考待ちで手持ち無沙汰なことが多く、kindleでちょくちょくダウンロードして読んでます。

世の中には読み始めたら止まらない新規優良マンガがこんなにゴロゴロしてたんですね。

日頃からもっとチェックしておくべきでした。

続きを読む

ゲーセンの店主になる夢が粉々に砕かれた話

僕が高校生のころは格ゲー全盛期でストⅡを始め、餓狼伝説ワールドヒーローズなどが流行っており、あまり向上心がなく下手糞な自分ですらどっぷりハマっていました。

日々対戦でコテンパンにされ、月の小遣い(3000円)のほとんどを消費してしまう見事な雑魚養分です。

続きを読む